2010/08/21

等々力緑地

Dsc02154r_2  残暑お見舞い申しあげます。

  いつのまにか6年目に突入したけど、

  1ヶ月間更新しなかったって初めてかも。

  先週、2日間の夏休みをとって神奈川県

  川崎市・等々力緑地へ。目的はサッカー

  観戦でした

  伊丹から羽田へ向かう時、富士山を撮り

  たくて 事前に左側窓席を指定。

  頂上付近の冠は雪ではなく白雲です。

Dsc02164cr

続きを読む "等々力緑地"

|

2008/07/16

Trapella sinensis

神戸市立森林植物園の長谷池で見た 「 ヒ シ モ ド キ 」 というヒシモドキ科の一年草。

近年の湿地の開発や水質汚染などにより数が激減し、環境省レッドデーターブック

絶滅危惧種に指定されている希少な水草だそうです。小さなピンクの花を咲かせるとか。

Dsc_8986r

続きを読む "Trapella sinensis"

|

2007/09/22

スイレン 07

透明感のあるピンク色の中輪。花弁の枚数は多く、通常より

花弁の先が丸みを帯びていて可愛らしい。

品種名は不明ですが、葉のフチがきれいな円形なので

耐寒性スイレンの一種だと思います。

Dsc_5247r

|

2007/09/08

ギガンティア ネオロゼア /2007

熱帯性スイレンの中で、花のサイズが最大の 「ギガンティア」。

ブルー・白と、以前にも紹介したこのピンクの 「ネオロゼア」 があります。

他の品種のスイレンがすぐ横に咲いていれば、大きさ比較が出来て面白かったけど

広がって開花していた4輪だけを撮るのが精一杯でした・・・。

Dsc_5568r

|

2007/09/05

メキシカーナ

みずの森・アトリウム、池の中央付近に咲いていた 「メキシカーナ」 という

熱帯性スイレン。 ズーム最大で撮っても、これが限度でした。黄緑がかった黄色ですね。

Dsc_5462r

|

2007/09/02

花蓮

品種名は判りませんが、みずの森・教材園で7月に見た花蓮。

上は小輪サイズ 下は中輪サイズで、綺麗な品種でしたょ。

Dsc_5295r Dsc_5291rr

続きを読む "花蓮"

|

2007/08/26

アマビリス・フロエベリ

ピンクの花弁の先端が細くなっている 「アマビリス」

シャープな印象で、整ったカタチが綺麗ですね。

Dsc_5298r

下は 花弁が少なく、かわいい感じの 「フロエベリ」

続きを読む "アマビリス・フロエベリ"

|

2007/08/25

ディレクター GT…

1941年作出の熱帯性スイレン 「 ディレクター  G.T.ムーア 」 という品種。

青紫色の花弁と、黄色の雄しべとのコントラストが綺麗です。

Dsc_5529r_2

次の 「コ ロ ラ ー タ」 と、よく似ていると思ったら

続きを読む "ディレクター GT…"

|

アーカンシエル

みずの森・花影の池で遠めに撮ったので、ホントに正しいのか分かりませんけど

「アー  カン  シエル」 という耐寒性スイレンの品種かと思います。

この品種の特徴が “スイレンとしては唯一の斑入り種で、葉に様々な班が入る。

花弁が細長く、花色は白に近い淡桃色。” とあるので多分、間違いないでしょう。

Dsc_5410r

|

2007/08/19

菊鉢(碗蓮)

これは 「 菊 鉢 」 という八重咲きの白いハス。

お碗形で  花弁の枚数が多く、こじんまりとして可愛い。

Dsc_5195r

次は 淡い桃色のハス 「 玉 碗 」

続きを読む "菊鉢(碗蓮)"

|

より以前の記事一覧