2009/09/23

ヒガンバナ

ちょうど彼岸入りの20日に 「彼岸花(ヒガンバナ)」 が咲いていました。

見つけたときは「もう咲いてる、早いなぁー」って思ったけれど、この花名は

" お彼岸とは 秋分の日を中心として、その前後3日の 計7日間をさす "

その時期から開花することに由来するから 当然なんですね~

Dsc_1239r

|

2009/03/30

ムスカリ アンブロシアカム

小さくて背丈10cmくらいしかなかった トルコ原産 「ムスカリ アンブロシアカム」 。

左下が高さ 6cmほどの開花前の状態で プラスチックや陶磁器の風合いに見えました。

開花後の花は、花壇などでよく見る青い ツボ 型 (ベル型) じゃなく、乳白~極淡青色表面

に光沢があり イソギンチャクやタコの赤ちゃんのようなカタチをしてて 閉じた縁が茶褐色に

なっているところが面白かったですよ。 いろんな品種があるもんやなぁ 

Dsc_0596r Dsc_0595r
@The Kyoto Botanical Garden [ Nikon D40 ]

|

2009/01/31

タゼッタ水仙

一重の白い花弁が細め、副花冠(ラッパ部)が白色の 「タゼッタ(房咲き)水仙」。

シンプルで清楚な雰囲気がいいですね。

Dsc_9669r
@Hattori-ryokuchi  botanical garden [ Nikon D40 ]

続きを読む "タゼッタ水仙"

|

2008/07/11

ボニー・バーバラ …

長居植物園には ヘメロカリス園 がありますが、植え替えた株の背丈はあまり高く

ならず6月初旬には もう花が咲き始めていました。7月現在は見頃でしょう。

左のPhoto は ユリ科 ヘメロカリス属 の 「ボニー ・ バーバラ ・ アレン」

右は 「パトリシア ・ フェイ」 という品種。

ヘメロカリスの英名は day lily」 花が一日限りの寿命しかないから、だとか。

Dsc00066r  Dsc00068r
@Nagai botanical garden [ Cyber-shot DSC-H3 ]

|

2008/04/23

マリリン

昨年末に寄せ植えしたチューリップ 「マリリン」 の切り花。

一重のユリ咲きですが、茎が細くて しなだれてしまいました。

このところ急激に気温が上がった影響でしょうか。他のチューリップ

は蕾みが大きくなる前に枯れそうになっており、キレイな花は見られ

そうにありません・・・楽しみにしていたのに残念デス。

Img_0396r

| | コメント (4)

2008/04/02

クロッカス

都市緑化植物園の芝生広場に咲いていた 高さ 6cmくらいの可愛らしい花は

ヨーロッパ南部原産の 「クロッカス」 。 これは、ハナサフランから改良されて

できた品種で  花色は黄色、紫、白とあり、春に咲く。

ちなみに 「サフラン」 は紫色のみで 秋咲きです。(スパイスや染料に使用される)

私は単色のものよりも、フォトのように花弁にラインの出るタイプがお気に入り♪

Dsc_7620r

|

2008/02/11

キネンシス

2月といえば、私は この花をイメージしますね。 関西では 公園や植物園で

よく見かける 「ナルシサス・タゼッタ ・キネンシス (ニホンスイセン)」。

ヒガンバナ科スイセン属 ・ タゼッタ スイセン=房咲き水仙 の一種。

Dsc_7153r

|

2007/10/15

リコリス

この 「リコリス」 は、ギリシャ神話に出てくる海の女神の名で

花が大変美しいので この名が付けられたそう。

調べてみると、これは 「アルビフロラ (白花 ヒガンバナ)

という品種の花に とてもよく似ています。

コチラ のサイトには、数多くのリコリス品種が紹介されていて  驚きデス~!!

Dsc_5795r

続きを読む "リコリス"

|

2007/10/10

彼岸花

木立の根元付近に 「彼岸花」 が咲いているところへ、木漏れ日が

スポットライトのように当たっていました。手前の花の日当り加減が

ちょうどいい感じですね。

Dsc_5786r

続きを読む "彼岸花"

| | コメント (4)

2007/09/15

ヘメロカリス-2

今年の6月後半に撮っていた、長居植物園のへメロカリス。

今回は黄色系の花でまとめました。

Dsc_5094r  Dsc_5096r
「玉の司(たまのつかさ)」            「クレストウッド・ゴールド」
. 

Dsc_5114r  Dsc_5121r
「 キャバレロ」                   「ゴールデン・グレイン」

|

より以前の記事一覧